--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-04-30(Sat)

北米でジャンプに続き少女漫画がブレイク!?

北米でジャンプに続き少女漫画がブレイク!?---「Shojo Beat」Vizmediaの挑戦
【読売新聞05/04/30】
今朝の朝刊を読んでビックリ。いや、俺がかって日本漫画のアンソロジー「Secret Comic Japan」(こちらの記事参照:マンガマスター ―12人の日本のマンガ職人たち)を編著出版させていただいた、Viz Communications.Incが新しく「ビズメディア」と社名を変えたという記事が「顔」欄に載っていた。新しい社長は福原秀己さん(54)。一瞬「エエッ!?あの漫画家の!?」と思ったがもちろん人違い(笑)。それはいいとして、旧VizはFさんという巨漢のナイスな日本人の編集者が社長さんで、3年前に北米で出した「Shonen Jump」の編集長は連載コラムの後半の担当もしていただいたNさんだった。大幅に組織が変わったのか、前までのなじみの編集さんたちはどうしたんだろう。こちらには何も連絡がないので、ちょっと心配してしまった。
さて、新生VizMedia社は、今後北米初の英語版少女漫画月刊誌「Shojo Beat」を6月に創刊するという。「Shonen Jump」は実売20万部というのも驚きだし、その読者の4割が少女だという。そして「マンガばかり読んでるとバカになる」はウソ!?でも言及したように、「フルーツバスケット」の英語版の売れ行きは10万部。福原新社長は「米国のティーンに日本の少女漫画ブームが起きつつある」と断言している。メリルリンチ日本証券の副社長まで務めたという福原氏、実は「十代の頃『ガロ』で永島慎二さんの作品で泣いた」というナイスなお方。俺も永島先生の「かかしがきいたかえるのはなし」で泣いたぞ!
…これまで、日本の漫画はその表現としての豊かさ、面白さが世界に認められてきたとは言え、やはりアニメ人気が先にあっての人気作が多かった。しかし前述の「フルバ」などは完全に漫画作品そのものが受け入れられたということになり、すでにじゅうぶん「Shonen Jump」の成功でその下地は出来上がっていたということだろう。
いずれにしても、アメリカと日本の若者が同じ漫画を読み、感想を分かち合い、楽しむという時代がもう来つつあることは確か。新生Vizの今後に期待しよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

「猫」

そうですか、おめでとうございます!(笑)
「性悪猫」は大きい判(青林堂版のA5判)がいいんですが…というより文庫って漫画を読むのにはちょいとキツい判型っすよね。自分はあの作品を読んでやまだ紫作品にハマりました。初期作品集「鳳仙花」もすばらしかったですが。(あの作品群も発表された年代を考えると物凄いです)いずれにしても現行で読めないってのは日本漫画界の重大な損失…ってまた繰り返し。
感想などぜひお聞かせください!

落札しました!

こんにちは、白取さん。
たぶん、あと2週間以内に「猫」やってきます。
うれしい♪

仕事で(笑)

いやあ更新がないのはGW中もビッシリ、それもかなりハードな仕事体制だったもので…。遊んでる時間も金もねえっす!くそ!「成田に何万人が帰国」とか「行楽地からのUターンが」とか聞くとメラメラと嫉妬と憎悪の感情が。なんて嘘です。うらやましいと思う反面、こんな混雑する時期に何も、という同情半分ですか。

こんばんは

少年ジャンプのアメリカでの成功は知っていましたが、いよいよ少女漫画ですか。。。凄いですね、日本漫画。「フルーツバスケット」は読んだことはありませんでしたが、今度読んでみます。
。。。こちらは今日から仕事でした。明日休みなんだから今日も休ませて欲しかったです。。。
白取さんは更新無いようですがどこか行かれてるのかな?それともご多忙でしょうか。。。

どうも!

>since1978_decemberさん
こちらこそどうもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。もう本当に忙しくてGWもヘチマも(笑)本当にありません。

はじめまして。

先ほどはコメントいただきありがとうございました。
今週の一言の「ヘチマ」なんででしょうね。
私も気になります。

コメントありがとうございます

>natunohi69さん
何か、あのBBSでそうしたやりとりを続けていると、格好の比較文化論というか、研究対象となりそうですね。というかもうなっているように思います。
ipが全部出ても、安全性でいうとやる奴はやるし、やらない奴は何も出来ないです。むしろ、このネット社会ではipくらい表示させた方が発言する方にもそれなりの責任感が出ていいのではないかとさえ最近思うんですよね…。

>西丸さん
「性悪猫」、現行で読めないってのは繰り返しますが本当に残念ですね…。何考えてんだ、筑◎書房。あ、嘘…ぜひ重版お願いしたい…ってもういいや別に。どこか誠意を持っていい作品を長く売ってくれる気概のある版元さん、よろしくお願いしますです。

性悪猫

こんばんわ!せんせの退院、おめでとうございます。
いま、「新編・性悪猫」オークション中です。
20年ぶりに「性悪猫」に再会するのが楽しみです^^。
それでは、また(^^)v~

フルバBBSで悪戦苦闘中。

例のBBSで、下手くそな英語で「フルバ」のakito=akihito(つまり、今上天皇)ではないか、という疑問を投げかけたのですが、やっとレスがありました。

相手の答えは、<大変興味がある疑問だけれど、私はakitoはきらいだ。しかしああいうネガティブなキャラクターはどの物語にも必要なのだ>という、解ったような解らないような、お答え。でもこちらの投げかけた疑問も相当唐突だからなあ。

でもあの板には全部質問者のIPも出てしまうようですが、安全性は大丈夫なのか・・って自分で解決するしかないですね。
http://disc.server.com/discussion.cgi?disc=178150;article=2605;title=Dai%20Bouken%27s%20Fruits%20Basket%20Site" target=_blank>http://disc.server.com/discussion.cgi?disc=178150;article=2605;title=Dai%20Bouken%27s%20Fruits%20Basket%20Site

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。