--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-31(Thu)

大晦日の「メッセージ」

12月31日(木)

夕べは晩酌はそこそこに、あとはずっとテレビをザッピングしていた。どこも年末特番で長い番組が多いが、それなりに面白い場面もあれど無理矢理に伸ばすことによって薄まっているとしか思えない。ゆえに日本酒を水で割ったような感じ…ちょっと違うか。
寝室に上がってしばらく元プロ野球選手のその後、みたいな番組を見た。
あの「ドカベン」香川が透析を受けているとか、元近鉄の加藤哲が舌禍事件以来その後も自身の口が災いして不遇であったとか。その他にも数人出たが詰め込みすぎで、後半バタバタと駆け込んだ印象。ドキュメンタリというには突っ込みが中途半端で、一人に絞った方が良かったんじゃないかという印象。
1時過ぎにユキが布団に入ってきたので、そのまま一緒に寝る。
夜中何度か出ては戻ってきて、そのたびに「にゃあ」と言うので起こされつつ、浅い、薄い眠り。朝は9時ころまでゆっくり布団に居る。というより猫が体に体重をかけているので動けなかった。それと、今朝は気温も低かったようだ。

外は晴れ、ただ風が少しあるようす。陽射しは強く冬の薄青い空に雲がすーっと流れていく。もう大晦日だ、今年も終わるのかと考えると、このままガラガラと人生の後半、時間が崩れていくような気がする。早い。
年末だが体力的に大掃除は無理。三津子が生きていた時も、ここ数年は二人とも病身ゆえ、やってもせいぜい簡単に水まわりや掃除機をかけたりする程度だった。
今年は起きて洗顔などの後、猫のご飯まわりを綺麗にしてトレイや食器も洗ってやり、台所、人間のトイレと猫のトイレを掃除した。それだけでもうヘトヘト。朝風呂に入る気満々だったのに、後に回すことにする。

パソコンを見ると、ツイッターである人が名前を入力するとその人の「今年の漢字」が表示されるサイト(一文字 2009 俺様jp)を試していたので、軽い気持ちでやってみる。よくある簡単なプログラムによる占いの類と同じものだろうが、本名で入力してみたら、驚いた。
白取千夏雄の今年の一文字、俺に表示されたのは、「生」…。

たぶん「プログラム」とも呼べぬ簡単なスクリプトだろう、無作為に俺の漢字の組み合わせからたまたま抽出した漢字が、「生」だろう、そこに何ら人為的な意図など入っていないだろう。
けれど余りに…、と心臓がドキッとした。
「生きて」
こういうところに「誰かからのメッセージではないか」と考えてしまう、それが非科学的だと一笑に付されることは解っていても。
今年は最愛のひとを失った、半身引き裂かれ生きる気力も一時は失い欠けた。彼女の死後、彼女からさまざまなメッセージを受け取った。全て「偶然だ」「科学的にはこうだ」と言う人は言うし、きっとそういう人たちにとってはどんな奇跡も偶然なのであろう。それはそれでいいし、それらは間違いなく「偶然」だろう。

今年は何度、彼女から、他のたくさんの人から「生きて」と言われただろうか。
いや、癌宣告を受けた2005年の夏から、三津子が死ぬまでずっと祈ってくれていたのは、「俺が生き続けること」だった。俺が彼女の生を、二人が一日も長く一緒にいられるように祈ったのと同じように。
彼女は恐らく、いや絶対に、自分の体のことよりも俺の体を気遣ってくれていた。夫婦で馴染みのお店にお邪魔して、何ということはない世間話の時でさえ、俺の体のことを話すと涙ぐんでいた。泣きながら笑っていた。
冗談めかして「大丈夫、死んだら俺が守ってやるから」と言ったが、酒の席だというのに本気の顔になって「ダメ、あなたが先に逝ってわたしが遺されたら、すぐ死んじゃうからね」と睨んだ。
つきあい始めで発情している中学生カップルではない。四半世紀も一緒に過ごしたいい年の夫婦だ。ここ数年は二人大まじめで、二人で出来るだけ長く暮らそう、と話していた。
色々な人生の山坂を乗り越えて来て、お互い病気を得た。たぶんもう人生の最後に近い、そこに訪れた穏やかな幸福の時間。この京都での夫婦のささやかな贅沢、その時でさえ彼女は「クソ真面目」で「バカ正直」だった。人生、常に「まっすぐ」な人だった。

軽い戯れ事とはいえ、連れ合いを失った年の最後に、「生」という文字が出てしまうことに、俺は動揺した。
このところ、いや彼女を失ってからずっと、そしてここしばらくは特に、「何かメッセージがあったら解るように教えて」と思い、願い続けて来た。色々なことがあった。
これもそのうちの一つ、今年最後のメッセージだと考えよう。

俺にとって今年の年末〜年始は、新年を迎える慶びの時間ではない。
最愛のひとの死を見つめ、うちのめされ、耐えに耐え、さらにそれを乗り越え何とか生きて行くこと…につなげていく、これまでの時間の連なりに過ぎない。
「おめでとう」はなく、ただ皆さんには「良いお年を」とお伝えいたします。


★このサイトは大晦日しか試せないそうです。
色々な人が遊びで名前を入れたりハンドルでやったりしていますが、「仏」とか「汁」だったと笑っていました。そんな中で、俺のツイッターのハンドルである「shiratorichikao」で試したところ…結 果
このあまりの符合はひょっとして…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。