--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-28(Fri)

また京都で暮らす

先日東京のマンションをお任せしている不動産屋さんから連絡があって、契約したいという人が現れたそう。
以来結果を待っていたが、諸々の手続きや審査が終わり、契約するだけとなったという報告がある。
つまり、こちらはこのまま京都に居られる、ということになった。
こちらで書いた通り、連れ合いの一周忌まではここを動くつもりは無かったものの、その後のことは決めていなかった。
ただ、体のことなどを考えると引越がいろいろと大変なことであるという心痛のタネにはなっていた。で、それもこれも、ジタバタせずに居ればきっと結論が出て、それが示された道なのだから従おうという心境であった。

彼女の一周忌の日、左腕にしていた水晶の数珠が突然切れた。
普通ああいうものは中のゴムが切れると、通してある玉が散乱するものだけど、ブツッと切れた腕輪はそのままガシャリと床に落ちた。
これはふたりで比叡山に登り、延暦寺の根本中堂で彼女が買ったもの(比叡山へ登る - 白取特急検車場【闘病バージョン】)。その時俺は黒檀の数珠を買って、それは今でも腕にある。水晶が大好きな彼女は、自分の守り本尊である千手観音と梵字が入った数珠=腕輪を買ったのだった。
しかしそれからしばらくして、ゴムが切れて玉がぽろぽろ落ちた。慌てて拾って、直してもらおうとしまっておいた。
彼女はその間に亡くなった。数珠が切れたことをずっと気にしていたので、亡くなったあと、明青さんのおかあさんに頼んで、お知り合いの仏具店の人に直していただき、以来それは俺が身に付けていた。
それが、彼女が亡くなってちょうど一年目、一周忌の日、俺の腕から落ちた。
作り話でも何でもなく、これは事実で、本当の話。
俺は常にネックレスに彼女の遺品の結婚指輪と、遺骨の入ったクロスを通して身に付けている。そのうえに左腕につけていた水晶の腕輪が切れたのは「もうそんなにつけなくてもいいから」と言われたような気がした。
だってこれはわたしの守り仏様のお数珠だし、と笑う顔が思い出された。

一周忌までは……という色々な思いというか踏ん切り、区切りが大きいものとして自分の中にあった。
毎日お茶と線香をあげ、手を合わせ会話をするのは今も変わらないが、毎晩二人で晩酌をしていたように陰膳をこしらえ、酒と氷入りのウーロン茶を供え続けて来たのも、一周忌でやめることにした。
これもおかしな話なのだが、一周忌が済んだあと、陰膳に添えてあった箸が消えた。
一年間ずっと毎日毎晩、テーブルの上にお膳をつくりそこへ添えておいた、夫婦お揃いの竹箸で、無くなるわけがない。
猫が俺の寝たあとにテーブルの上に何かないかとあさり、箸をいらって下に落とした…。常識的にそう考えるのが普通の人だろう。俺もそう思い、やれやれとテーブルの下を覗いた。けれどどこにも箸はなく、部屋じゅう、あり得ないところまで探したのだが、結論から言うと、本当に消えたように無くなってしまった。
毎晩毎晩、俺が晩飯を食べるとき、晩酌をする時に必ず彼女の分も作り、また俺は食べないが彼女が好きだったものを添えたりしていた、それも「さ、もうわたしの分はいいよ」と言うのだろうか。それにしても、箸はどこへ行ったのやら(いまだに見つかっていない)。

彼女はきっと、もう自分と一体になったのだろう。写真の前にお膳を据えなくても、俺は一人で、いや二人で晩酌が出来るようになった。
きっとこれからいい季節になるし、散歩に出たりも出来るようになると思う。これまでは「一人で行っても仕方がない」と思っていたが、一周忌を境に「二人で居るのだから」とはっきり思えるようになった。
色々なことが大きく変わった。
短兵急、瞬間湯沸かし器と言われたほどの短気な自分の性格が、自分でも解るほど変化した。色々と拘泥していたさまざまなどろどろした感情がすうっと無くなった。人への恨みつらみ、憎しみ、些末なことでうだうだとする、嫌な感情が消え失せた。
これも面白いが本当の話だ。

一周忌が過ぎて数日後、東京の不動産屋さんから連絡があった。まだ本決まりではないけど、借りたいという人が見つかりました、という報告だった。それから保証会社の審査などを経て契約という段取りだと聞いており、その間に話自体が消えることもよくあることなのも知っていた。
なのでお任せして、心静かに待っているだけだったのだが、結局それは決まり、こちらは引き続いて京都に居られることとなった。
京都暮らしは、連れが選択し、提案をして決断した結果だ。もちろん二人で話し合って協力して来たわけだけど、一人になって、それがどうなるのかも、彼女がきっと望む方向に動き、俺もそれを受け入れるんだろうと思って来た。
そういう結果なのだと思う。

京都は久しぶりに穏やかな青空。
ありがとう、と手を合わせる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

本当に・・

自分は超常現象とか心霊現象?そういうものが起こりうることは全否定はしませんが、それでも「合理的かつ科学的に説明出来うるのであれば、まずそれを探す」人です。
でも「偶然」というにはあまりにおかしな符合が続き、現象が起こり、それらここに書いていないことも全て含めて到達したというか、一番合理的な説明が「ああ、彼女が一緒にいるのだな」です。
まあ科学礼賛・万能主義の人から見たらお笑いでありオカルトであるのでしょうが、こればかりは経験しないと解りません。いやその経験すら錯覚とか思い違いとか言われるのでしょうけど。
「人間死んだらオシマイなんだよ」と言っていたのは「ガロ」編集長の長井さんでした。
その発言を日常聞いており、通夜の席にも一緒にいたやまだ紫がその後いつも言っていたのは「人間死んだって終わりじゃない。それをわたしが証明したい」でした。
結局、証明は出来ないんですけどね。

よかったです

このまま京都にいられるとのブログ記事。読んでいてとても嬉しくなりました。やっぱり紫さんとのつながりの力が、どこかでしっかりと働いているんですね。そうとしか思えないような偶然の重なりもあるし、それが「一人だけど二人になれた」と思う白取さんの言葉に強く表現されている。
本当によかったです。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。