--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-25(Fri)

特急が臨時停車

昨晩は早めに同眠剤を飲んだせいか、比較的早く11時ころには寝てしまったようで、夜中に胸が痛くて目が覚めた。時計を見ると3時過ぎで、トイレへ行ってから痛み止めを飲んで、当然ながらテレビをつけると、ちょうど日本とデンマークの選手入場。ここで寝るわけにも行くまいとそのまま観戦。

序盤からデンマークは中盤で球を持ち、時折ゴールを狙ってしかけてくるという感じ。日本は引き分け以上でベスト16のトーナメント進出となるのだが、この時間帯は割合中盤で球を奪われる事が多く防戦一方のように見られたものの、徐々にカウンターを仕掛けるなど勝ちに行く姿勢を見せる。シュートも枠に入らないとはいえ積極性は見せた。さらに15分あたりでは松井・長谷部、ベントナーと両チームとも惜しいシュートが続いた。
デンマークのプレイスタイルはおとなしいというか紳士的に見え、よしよしと思っていたら、敵陣内で得たFKを本田が直接ミドルシュートのかたちでゴール左隅に叩き込む。相手GKが一瞬だけ逆方向へバランスを移したあとで飛んだのだが、ブレ球だったせいか届かなかった。見事なゴールで1−0。
以後当然負けられないデンマークは前がかりになってきたが、いいところで日本が再びFKを貰い、本田が蹴ると見せかけて遠藤が落ち着いて、今度は回転をかけて右隅へ壁をうまくよけるカーブをかけて2点目のゴール。前半30分弱でで2−0は、相手にとっては3点がノルマとなり、かなり重い。前半はそのまま2−0で終了、日本にとっては理想的な形になった。
後半は予想通りデンマークは責めては来るが、粗い感じで責めきれない感じ。日本は残り20分で松井と岡崎をチェンジ。その後長谷部がペナルティエリアでファウル、PKには川島が反応して弾くが、そこを放り込まれて2−1。しかし後半残り5分で本田が切り込み、そのまま行くかと思われたところでゴール前の岡崎へパス、これを簡単に流し込んで3点目。これはもう決定的な得点となった。ロスタイムで遠藤out稲本in。ロスタイムはなんと4分。しかしそのまま日本が守りきってグループリーグ2位通過を決めた。

本田は2点目、自分でシュートしてもいい位置だったが、オランダ戦で最後に決定機を「逃した」岡崎にアシストし、それを岡崎が決めた形。試合後のインタビューで本田は岡崎に「俺も入れるからおまえも決めろと話していた」と言っていたが、まさに1ゴール1アシストと、話していた通り。本当に凄い選手だなあ、と思った。その同い年の岡崎はW杯初ゴールについて「やってきて良かったと思った」と話していたのが印象的であった。
攻撃、守備は相変わらず言うことなかったが、中盤のボランチがうまく相手の攻撃力を殺し、運動量多く終始マークについて動き回っていたという印象。誰もが役割をきっちりと果たした、まさに理想的とも言えるチーム一丸となった状態で、見ていて面白く気持ちの良いゲームだった、もちろん勝ったからだが。

その後はいったん寝ようとテレビを消して目を瞑る。何度か看護婦さんの出入りがあったが、8時前まで断続的に軽く寝られる。
朝食が来てすぐ、研修医が来て、来週月曜に気管支鏡を入れて、ポツポツある細かい影と、それから穴のようなものをうまいこと採取するわけだけども、例えばそれでうまく取れなかったり、あるいは肺の穴がうまく塞がらなかったり、今後も穴が開く恐れがあるようだったら、やはり思い切って呼吸器外科の方で手術をするという選択肢はどうですか、とのこと。
患者が同意しなければしょうがないので、一応意向としてこの先そういう場合になったらどう思うかということなのだが、今気胸になった穴が塞がったとしても、CTで見た穴が複数ある以上、気管支鏡で「それが何か」組織的なことが判明したところで、穴の元みたいなものがいくつも存在するという事実はそのままだ。なので俺としても何らかの方法で肺全体をカバーするなり、穴を塞いでおくとかの処置は必要なのではないかとうすうす想像はしており、そしてそうだとすればそれは手術しかないわけで、ならば仕方ないという思い。
で、もちろん手術となると大がかりなことになるので、気管支鏡でダメだった場合、という前提だが、もし胸を開けることになった場合は、無理してさわらなくてもいいと言っていた縦隔の腫瘍も取ってしまえるし、肺の細かいできものやらの状態も見られるし、悪いモノであれば取れる、さらに今後穴が開かないようにする処置もいっぺんに全部やってしまえるから、もっともそれがよい方法だとすら思う。
ただ、血小板数が今8万ほどと手術には問題ない数値とはいえ、胸をざっくり切って開く手術となるとまたそこから2〜3週間は出られないことになり、その間猫の世話などで他人様に迷惑をかけてしまうことが憂鬱だ。何もなければ「もう全部やっちゃってください」でいいんだが。

最悪手術か、嫌だなあと思っていると看護婦さんが「今日シャワーどうされます?」というので当然予約。10時半とのこと。挿管中なので、上半身は濡らすわけにはいかない。10時過ぎ、先に洗面所の脇にあるシャンプー用のシャワーで頭だけを自分でわしわし洗い、ドレーンバッグをビニールでカバーしてもらい、点滴スタンドごと浴室に入って下半身だけシャワーで入念に洗う。こりゃ気持ちがいい。ついでに注意深く両腕も洗った。
着替えて出て来たはいいが、やはり残った上半身が気持ち悪い。看護婦さんが熱いタオルと肌洗浄用のスプレームースを持って来てくれたので、背中を拭いて貰い、あとは全面を自分で入念に拭く。お湯を使った気持ちよさとはやっぱり雲泥の差。まあ、しょうがない。病人だもの。
その後ドライヤを借りてヒゲを剃って、ガーゼ交換を待つ間、デンマーク戦の再放送を眺めていたら看護婦さんが来て「これ勝ったんですよねー」。今朝は見られなかったので録画してきたそうで、もちろん結果から何からもう知っているのだが、帰ってから見るという。ガーゼ交換を終えてしばらく、サッカー談義。こちらはニワカというほど最近から見ているファンではないものの、かといって競技をしていたほど詳しいわけでもないが、看護婦さんはバレーボールのファンということでサッカーは今回のW杯で興味を持ったという正真正銘のニワカファンだと言っていた。

看護婦さんが帰ったあと、頭洗ったりシャワーで身体を洗ったりして動いたせいか胸が痛くなったので、ロキソニンを飲む。飲んでおとなしくしていると少しだけうとうとするが、3時過ぎにN医師とH研修医が来て、月曜に行う気管支鏡検査の説明をされ、同意書にサイン。
喉にカメラの、あのチューブが入っていくなんて考えただけでオエッと来る。麻酔をするし咳止めの薬も出すし…と言われても、俺口開けてベロをしばらく出してるだけでオエッと来る人だしなあ。
あと肺胞の中を生理食塩水で洗って水を取ったり、出来ている袋というか穴の部分の組織を採取したりするというのも気持ちがいいものではない。でも仕方ない。昨日の腹部造影CTでは、どうやら他にはリンパの腫れはところどころにあるものの、2年前のCTと大きさも変わってなく、今回懸念された嚢胞のようなものが新たに出来ているとかいう所見は無かったそうで、そこは一安心。
「脾臓大きかったでしょう」と言うとさすがに「はい」と言われるが、「それでも大きさは(2年前と)変わってなかったですし」ということで、基礎疾患であるところの慢性リンパ性白血病の方は、どうやら縦隔の腫瘍以外はほとんど変化がないことがだんだん解ってきた。
ということは、やはりそれも含めた肺の「異変」が気になる。細かな影も散見される袋だか穴だかも、2年前には全くなかった所見であり、何が原因か、それよりそれが何なのかも解らない。
なのでそれとあわせてPETで、基礎疾患によるもの以外の、何か悪性のものがないかもキチッと調べて、今回の肺の方へ集中しようという作戦だ。
ただ悪性のものでなかったという結論が出た場合、穴の元になるような多発している袋というか、それらをどうするかというと、肺全体をコーティングするわけにもいかないし、自己血で癒着させても、今後何かあったときにその癒着によって手術に影響が出かねないし、大きい手術はやはりリスクにもなる。
なので、重篤な何かが見つからない限り、気胸に関しても注意して暮らして、起こってしまったら今回のように対処療法を取るしかないのでは、という感じらしい。肺に穴の元がたくさんあって、それがいつ肺に穴を開けるか解らず、開いてしまったら即入院してドレーンを突っ込まれる=マルクよりも痛い処置をその都度取られるわけか。まあ死ぬよりはマシということだな、という了解。
とにかく今は検査してもらって、その結果を聞くしか俺に出来ることはない。

夕飯も完食。食欲は規則正しい生活のせいか、きっちりと正常にある。ただ便通が異常。
自分の場合WEBサイトの名称にもなっている「特急」=凄い下り=体質で、小さい頃から便秘という経験をほとんしたことがない。だいたいが朝起きる、朝食を食べるか何かを飲む、すぐに出る、というパターン。ひどい下痢なら何度もあるが便秘だけはあり得ない。

夜に歯磨きをしてから眠剤を飲み、寝る前に出しておこうとトイレへ行ってきばってみるが、出ない。直腸まで来ている感覚があるが、そこで頑強に止まっている。けっこう一日水分を意識的に採っているが、元の病気のせいで汗をかくのもあるし、胸水へも取られているというか、本来消化器へまわるべき水分が途中で胸腔に停滞しているという気がする。
とにかく下る分にはデフォルトなので一日3度4度下痢しようとも全く苦にならないが、詰まるのはしんどい。よく女の人で数日とか一週間十日出ないという話を聞くが信じられん。何しろ今の身体だと、ただでさえ巨脾で臓器全体が右側へ圧迫されているので、どこかが詰まるとたちまち苦しいのだ。三度の飯を食っただけで胃が張ってしんどい。
何としても寝る前に出さねばと30分くらいトイレで踏ん張るのだが、ギリギリで出てくれない。
腹圧を思い切りかけるとどうしても胸圧もかかるし、それは今の肺の状態にはとてもよろしくないので、力を入れて思い切り踏ん張ることも出来ない。結局出ないまま40分ほど経ってから出て、詰め所の看護婦さんに相談。
あまり強くない下剤を1錠貰って、「人によっては効かなくて3、4錠飲む人もいますし、1錠で翌朝出る人もいますが」という頼りないもの。いったん部屋に戻ってサイダーの残りをイッキ飲み。いつもならこれでてきめん、すぐに腹がごろごろしてくるのだが、なぜか平常。しんどい。しんどいままブラジル・ポルトガル戦を見る。そのうちなぜか便意もおさまってきた。全然ダメ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。