2010-12-29(Wed)

大掃除?

12月29日(木)


昼飯のカレーうどん。特に意味はないけどなぜかこのところ麺写真連発したので、ついで。
ダスキンモップを契約しているので、ふだんは猫の毛、ほこりなどはササッと拭いている。何しろうちの掃除機ダイソン君は重いうるさい頻繁にゴミ捨て、なので病身には重労働。ついつい掃除機をさぼりがちになり、気が付くとモップ掃除をした時に舞った毛やホコリが落ちて積み重なったりする。これは肺にも良くない。
年末だし大掃除をしよう、と二階和室(寝室)に上がってダイソン君を…と思ったら、人の布団の上の毛布で気持ち良さそうにシマが丸くなっている。シマはもちろん耳が聞こえるので、掃除機の騒音は大嫌いだ。動かしただけで血相変えて逃げてしまう。
ううん、ここは寝てるし…後でいいか…。結局挫折。
その後すっかりやる気が失せてしまい、仕事などを片付けていると、トントントンとシマが階段を降りてきた。やっぱり衛生上、掃除は頻繁にやった方がいいよな…。

まずマスクをして二階から掃除機がけ。四隅に猫の毛が固まっている。綿埃のようになっていて、ゾッとする思い。念入りに床も、ついでに布団も吸引。それからエッチラと掃除機を一階に下ろして、玄関から入念に吸引。汗が噴き出してくる。
自分の場合筋力がどうとかいうより、乳酸の回復というか吸収というのか、まあ要するに快復力が遅いと実感。もちろん病気以前にこういうことはなかったが、それと運動不足が相まって、ひどく疲れる。一度大仕事をすると、喩えではなく本当に動けないほど疲れてしまう。なのでやる時は一気にやってしまわねば。
掃除機掛けを終えて、今度は床をクイックルワイパーで拭き、最後にワックスをかけて終了。細かい部分の小物の整理やホコリ払いはまた別の機会に。
終わってぐったりと横になるが、シャワーする体力の回復まで時間がかかりそうだ。とりあえず顔だけ洗おうとするが、麻痺のある左手の小指が曲がったまま言うことをきかない。両手で水を掬うと小指と薬指の間から水がダダ漏れして、うまく洗えない。
このひきつれるような指の麻痺も、筋肉疲労が回復するにつれ軽度なものいなる。要するに無理せず、無理したら休んでろということ。
大掃除というにはあまりに簡単というかこんな体たらくではあるが、とりあえず終了。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ダイソン君

吸引力、確かに衰えないんですが、猫飼ってると毛が綿状になってすぐサイクロンの集塵ケース内に滞るんですよね(笑)。なので頻繁にカポッと出してやらないといけないという。
連れと二人で家電量販店で何台か試して買ったんですが、こっちの体力が落ちたせいもあるかも知れません。(一応ダイソン君の名誉のため…)
でも二階用に安くて軽いのを一台、というのは目からウロコでした。片手でスイスイってタイプのもありますもんね…。

掃除機

年末の大掃除、お疲れ様でした。
掃除機、買うときに意外と忘れがちになるのが、扱い易さ(=軽さ)。
私も夏の終わりに今まで使っていた吸引力抜群でも重い掃除機が壊れて、買い替えになりました。そのとき主人が色々ネットで調べてくれて、軽いけど吸引力も充分という代物を見つけてくれました。
私も昨日大掃除らしきことをしたのですが、2階と1階の移動とか、階段の吸い取り作業とかもとても楽になってます。
掃除機メーカーの人によると、掃除機は5年もてば充分とのこと。私のは丁度買い替えの時期だったようです。
ダイソンはこちらでも人気ですが、重いからダメと言った主人の言葉が今はありがたいです。そちらも、軽いものを一つ買って2階専用にする手もありますよね。
では、ゆっくりお休みください。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる