--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-30(Sun)

サッカー・日本、アジアカップ優勝!

1月30日(月)

サッカー・アジアカップ、日本は決勝戦をオーストラリアと戦い、延長120分1−0で勝ち、見事に優勝。
真夜中から2時半ころまでという深夜の長丁場になったが、とても途中で寝られる展開ではなく、試合開始前からびっちり最後のセレモニーまで見てしまい、3時半過ぎに寝た。
中継でフィールドが映ってまず「あれ?」と思ったのはツイッターでもつぶやいたけど、朝日新聞社の広告から「旭日旗」をあしらった社旗のマークが消えていたこと。(まあ、あれを見て「帝国主義日本の残滓」「失礼」「だから猿だって言ってやらあ」と言う人が出てきても困るので、塗りつぶしたかしたのだろう)

さてタフな試合だった。
個人的にはこの試合はGK川島のセーブが無ければ90分で負けてただろうし、長友の脅威のスタミナと攻撃参加が無ければ、李の決勝ゴールも無かっただろうし、つまりは監督とチームが一体となって勝ち取った勝利だったと思う。
試合は前半からオーストラリアの体格を活かしたサッカー、ロングボール・ハイボールを上げてはゴール前に走り込むという高さを意識した攻撃に苦しめられていたが、愚直とも言えるほどに繰り返されるワンパターンのそれは、むしろこれだけ同じことやり続けられると、見ている方は「そのうち一本くらいは入ってしまうのでは」という恐怖さえ感じていた。
しかし監督は後半に高さのある岩政をDFに投入することで高いボールへの対応、疲れの見えてきた相手に長友を一枚前へ出すことで攻撃に転じる(惜しいシュートが立て続けに生まれた)、そして前田→李の交替については監督が試合後「高さに強い前田を外すことになったが李はやってくれると思っていた」と言う通りドンピシャの采配だった。

大会MVPは本田、決勝のMVPは川島になったが、長友や長谷部や遠藤はもちろん、ゲームごとにMVPが入れ替わる「全員で勝ち取った優勝」という印象。ワールドカップ後のアジアカップは新たな、若い世代でチーム作りをしていくことが多く、この大会で「チームが出来上がっていく」というのはサッカーファンからよく聞くこと。

それにしても退場あり逆転あり延長ありPKありワンサイドもあった、まさにチームが色んなバリエーションの試合を経験することでまとまっていく、仕上がっていくという過程が、優勝という最高の結果で終わった大会。本当に見ていてワクワクドキドキハラハラ、そして最高に気持ち良かった。にわかというには長いことサッカーも楽しんできたが(それにしてもTOTOをあてたことはないが)、しょせんは見るだけの素人は素人。優勝したんだから、素直に評価して「おめでとう」でいいと思う。

そんな感じで今朝は昼まで寝てる…はずが、なぜか7時半に起床。
びっちり仕事が詰まっていたので、夜までかかりきり。朝は食わず昼はカップ麺。夕飯は冷凍ご飯にとろろ芋をすって出汁と合わせ、醤油をたらしてとろろご飯をかっこむ。味噌汁は前の晩作っておいたジャガイモの味噌汁。ゆっくり料理する時間の無い時、ここ何日か調子の悪かった時は食事に手を抜いてしまうが、反動で余裕が出ると何か作りたくなる。
夜になって「やべっちFC」はじめ各種スポーツやニュース番組が始まる。昨日の優勝を反芻する番組を見るというのは実に気持ちのいいことだ。そんな感じで楽しみつつ、買っておいて使ってしまわねばならない野菜があったのを何とかしようと考える。
大根は「雪下大根」という、雪の下で文字通り寝かせておくという甘みの強いみずみずしい大根があり、このまましなびさせるのはどうしてももったいない。なので、3分の1はイチョウに切って浅漬けに、残りは輪切りにした後面取りして4分の1にカットし、ダシ醤油で柔らかく煮込む。最後にほんの少し残った部分は短冊に刻んで味噌汁に入れてしまう。
もやしはすぐに傷むので、ごま油と軽く胡椒をして炒めてしまい、ついでにキャベツと豚肉も塩胡椒を軽く振って炒めてしまう。これらを配分よく3つくらいにパック分けしていったん冷蔵。これはやきそばの具用だ。残ったのはピーマンで、1つは薄く輪切りにしてトマトソースを塗りチーズをチラしたトーストの上にパラパラとベーコンと一緒に並べてオリーブオイルをたらし、オーブンでピザトーストにする用。残りのピーマンはもうちょっと持つから、チンジャオロースだな。
今日は忙しいのと体調が本調子じゃないので、休肝日。これらは明日以降のおかずや晩酌の肴。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。