--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-24(Wed)

準備ちゃくちゃくと…

おとつい、歯科に呼ばれて右の奥歯4本を抜歯されました。
麻酔の針がささる痛みは当然としても、その後ほとんど一度も痛みを感じなかったのが驚き。若い女医さんだったんですが、抜きやすいようにする前処理、抜歯、歯根の洗浄、縫合と、実にスムースで完璧な処理だったという感想です。その後麻酔が切れたら耐え難い痛みが…と思っていたのに、鈍痛がするくらいで、一度も痛み止めを貰わずに今にいたっているくらい。ただ血小板数が減っているのでさすがに血がなかなか止まらずに、半日口にガーゼを含んでいたのには文字通り閉口しましたが。経過をみて、今度は左の奥歯5本を抜きますが、こんな感じでやってもらえると助かるんだけどなあ。
昨日は皮膚科と眼科の外来にも行きました。両方とも異常なし。あとは左の奥歯を残すのみ、ということになりました。

抗癌剤は、まさしく「毒をもって毒を制す」という方法の最たるもの。健康な人に投与すれば死ぬほど強いものです。癌細胞のような増殖力の強い細胞を攻撃するもので、ふだんの人間でいうと髪の毛などがそれにあたりますから、副作用で髪が抜けるのは当然ということでしょう。この脱毛、ほぼ全ての毛が抜けるらしいですが、抗癌剤投与が終わるとちゃんと生えてくるそうです。知り合いの医者の先生は、投与終了後、抗癌剤の影響かうねった髪が生え、それが過ぎるとびっくりするくらい綺麗でつやつやの毛が生えてきたそうです。なんか再生というか、生まれ変わりというか、生命の不思議・有難さを感じたという…。
何度も書いてきたように、抗癌剤による副作用はむしろ脱毛や吐き気より骨髄抑制=免疫低下が怖い。歯なんか別に命に比べたらなんてこたぁねえ、思い切って抜いてくれい! なんて思ってたんだけど、実際に抜かれた4本の奥歯をじっと見ていると、30年ほど頑張って色んなものを噛み砕いてくれたんだなあ、文句も言わず、存在もほとんど忘れられ、あんまり手入れもしてもらえずに。そう考えたら有難くてちょっとじーんときた。

それにしても病棟(7階)から外来(B1〜2F)への行き来は車椅子に点滴付、です。自分がたいそうな重病人になった実感ひしひし。すれ違う人の目は明らかに「ああ気の毒に」「こうはなりたくないな」「かわいそー」みたいな言葉を発している。子供はあからさまに好奇の目を遠慮なく向ける。かと思うと車椅子の接近に気づかず通路をふさぐ人。そういうのに限って禁止されている携帯電話を大声で使っているオバハン。そんなにしなくても、と思うくらい飛びのいてよけてくれ、卑屈なくらい気をつかって通してくれる人も。なんか病院はやっぱり社会の縮図です。
ともかくちゃくちゃくと抗癌剤投与への準備が進んでいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

まっこと人の体とは不思議なもので

実はここしばらく、医療関係のCGをまとめて作る仕事を
やっておりまして、丁度いま、アレルギーの仕組みを説明
するパートを納品するところです。
ご存じの通り、アレルギーってのは免疫の過剰反応だったり
する訳ですが(<かなり乱暴な云い方)、監修者から色々
説明を聴くにつけ、人の体の精妙さや不思議さに感服して
しまいます。
禁酒禁煙はともかく、虫歯や扁桃腺炎の治療が免疫力の
向上に貢献するとは、目から鱗な話ですね。
実際、実家の隣家に住んでおられた男性が、虫歯由来の
敗血症であれよあれよと云う間に鬼籍に入られてしまった
のを見ておりますので、なおさら実感の湧く話です。

それはともかく。
科学では解明されておりませんが、「希望」や「笑い」や
「執念」は、確実に免疫力をアップさせると聴いております。
たぶん、「若い女医さん」も効くんではないかと(以下略)

着々と

抗癌剤投与の準備が進んでいるということで、これから大変だとは思いますが、病気が治る日に向かって着々と進んでいるのだと思うと頼もしい気もします。病気を克服される事を信じております。あの「ガロ」で長井勝一御大に鍛えられ、その後の例の騒動をも潜り抜けた白取さんが、癌如きに負けるはずがありません。何も出来ず歯がゆいですが、癌細胞を蹴散らすガロ者の根性を見せていただきたいです。

しかし、他の方も書かれていますが、闘病中にも関わらず読者の目を意識した文章はさすがだと思いました。心痛は計り知れないですが、非常に冷静に書かれた文章を見て感動しました。

いや…

気にしないでくれ>六間
匿名さんも、心配していただいて有難うございます。

もちろん、自分の病気がシャレにならないことを十分承知してます。ついこの間まで元気に走り、笑い、飲み、食べ、ほんとうに普通に暮らしていたのに…なぜ、何でこんな目に? そう考えると確かに気が狂いそうになったこともあります。正直言えば。
でもしょうがない。あとは受け止めて戦うのみです。
皆さんが腫れ物に触るようにされる必要はありません。真剣に心配し、励ましてくださること、本当に有難くこころ強く思っています。
昔からの友達が多少おちゃらけても、相手が誰かわかっていれば問題ないです。誰かわからんやつに宣伝書き込みをされることが一番腹が立ちます(笑)。
ハッカーとかいてさあ、ああいうの懲らしめてやれよとかマジで思います(ただしそれは違法)。

失敬しました

白取編集長、名乗るほどのもんじゃないがさん、ここをご覧の皆様、不快に思われる書込みすみませんでした。
少なからず苦痛を伴う治療を始められた中で、少しでも笑って頂くことが本意だったのですが(上でご指摘のここんとこの他の書込みも)……笑えなければ意味ないですね。
今後気をつけます。編集長お大事に!
また来ます!

なんか

上の広告書き込みもむしょうに腹が立ちますが、おちゃらけた書き込みにも腹が立ちますね。冗談を言う場をわきまえた方がいいと思うが。
あんたの書き込みここんとこ見てるとさあ、白取さんがどんな状態におられるか、もうちょっとまじめに考えてあげてくれよ、頼むよ。>六間さんとやら

Unknown

こんにちは。
突然ですが、この人って有名ですよね?!
http://love-tear.cx/" target=_blank>http://love-tear.cx/
最近自分もお世話になってるんです♪
かなりの実力者ですよ!!

皆さんどうも

たった今左の奥歯4本(正確には3本と歯根1つ)抜かれてきました。右の消毒だと思ってたから心の準備が出来てなかったんすが、かえってその方が良かったかも…。

ところで昨晩の回診で、主治医が顎下、喉周り、鎖骨周辺、脇下、ソケイ部などのリンパ節を触診して「小さくなってますね…?」とちょっと不思議顔。歯科治療をすると小さくなることがあるそうです。
とはいえもちろん白血病細胞がある以上は治るわけでなし、脾臓の腫れと貧血は相変わらずですが…。

>禁酒禁煙と傷んだ歯の抜歯
それで免疫力がアップして、くそったれ癌細胞を撲滅してくれたらいいっすね!自分も「ちょっと油断してるスキに何やってんだコルァ!」と俺の免疫細胞がチンピラども=癌細胞を蹴散らしている様子を想像したっす。

思い出した

突然思い出しました、伝説の歯科医の名前。Joseph Isselsです。早速検索してみたら、博士の没後も基金が創設され治療と研究が続けられ、たくさんの患者さんを救っているようです。
(http://www.issels.com/" target=_blank>http://www.issels.com/他)

イッセルズ・セラピーの基本は禁酒禁煙と傷んだ歯の抜歯。ということは、白取様はイッセルズ・セラピーの核心部分をすでに実践されていることになりますね。

白取様のお身体の中で、正常免疫細胞が腫瘍細胞に向かって、「てめーら、甘い顔見せてたらちょーしこきくさって、もう許さん!!」と襲いかかって行く様子が頭に浮かびました。(私の体はそんな下品な言葉遣いをしない、と叱られるでしょうか。すみません。)



編集長へ

ご自分の病状をせきららにブログで発表されている様
は、まさに表現者の魂というか業というか、そんなことを感じました。

漫画家の吾妻ひでおさんは「失踪日記」でエンターテイメントに徹した日記漫画を発表していましたが、
白取さんのは淡々と事実を書かれているようで、
そこが良いと思います。

こういう重大な状況になってもコツコツと文章を書き続けているのは表現者として立派だと思います。
ゆっくりと、でも着実に病気を治してやろうという
強い気持ちが日記から感じられ、勇気づけられます。

この病を克服したら、きっと新しいものが見え、
一段上のステージへ行けるのでしょうね。



若い女医さん…

…いいなぁ。

ぃゃそうじゃなくて、つらい中にもささやかな感動を覚えられるのは、素晴らしいことだなぁと。

ともかく、白取編集長の奥歯くんたち、長い間お疲れ様でした。

きっと助かります

白取さんの症例が少ない、前例がないのなら、白取さんがその「寛解した実例」になってください。そして、後でもし同じ病気に犯された人が勇気付けられるような、詳細な克服体験記をぜひお願いします!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。