--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-13(Sun)

読書

2月13日(日)

ちょっと仕事が空いたので昨日は一日、PCをなるべく使わずもっぱら読書。その後DVDで映画。目が疲れるというか、ショボい。よく考えたらPCモニタを見ることは休んでも、読書も映画も目を使っているのであった。
今日は気持ちの良い晴天、しかし気温は思ったより高くない。相変わらず冬の間はあちこち調子が悪いというか、調子そのものが低調気味。今日は頭痛と下痢。下痢は体質だがそういうデフォルトとは違って弱い腹痛を伴う感じ。
何度も書いているように、一つ一つはたいしたことのない痛みやちょっとした不快感などが薄くいくつも積み重なると、けっこうしんどい苦痛になる。健康体にそれが積み上がっていくのと、元もと重病を患っている身に重なるのとは、やはりちょっと意味が違うと実感する。
メールチェックすると、知り合いから「ブログ更新もないし、ツイッターも昨日はひと言も無かったけど大丈夫ですか」とメール。すんません大丈夫…ですたぶん。色んな方が自分の体を案じてくれていて、申し訳ないやら有り難いやらで恐縮です。
朝食は抜いて昼前におかゆを作って鮭を焼いてあったので食べる。けっこうもりもり食べた。昼はずれて3時前にうどん。鍋焼き風にしたが、おいしく食べられた。まあメシがおいしく頂ければ大丈夫。
そんな感じで今日も大人しくほぼ読書などしていたわけだけど、昔の文庫などを引っ張り出すと、文字の小ささに苦闘する感じがある。昔は新聞も週刊誌ももうちょっと活字は小さかったし、それに慣れてオトナになってきたのに、近年の文字の大きさにいつの間にかすっかり慣れている。こういう時にある程度自由に大きさを変えられる電子出版はいいな、と思う。
とはいえ現状、端末もフォーマットも今一つ決めてのない感じでモヤッとしている印象なので、まだ手を出さないで様子見という感じか。版元とハードメーカーとで書物を分断するような愚かなことはしないで、とっととフォーマットを統一するかして欲しい。実は病人になると、出版物の電子化は非常に助かる部分が多いのだ。
もちろんかたちあるものとして手元に残し、造本や紙質・手触りも含めて愛しみたい「本」も多いけれど、データであっても全く構わない「本」も多い。
そういえば二階にはさんざん整理した書物、紛失したり売り払ったり人にあげたりしたのに、まだ数百冊の雑誌や書籍が残っている。体力・気力ともにこれらを整理するのはかなり厄介。データだったらなあ、と溜息しきり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。