--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-03(Thu)

カンニング

3月3日(木)

ひな祭り。全く関係なし。微動だにせず。いや動いてるけど。
今朝は寒かった。先日暖かい日がちょっと続いたので2枚セットの羽毛かけ布団を1枚にしたのを後悔した。
寒いと免疫力も落ちるのか、体調は悪い。というか何か飲めば下痢、食べれば下痢でぐったり。もう横になっているしかない。

さてマスコミは例の携帯とネットを使った大学入試カンニング問題をトップで取り上げている。そのことの是非はとりあえず置いておこう、だってしょうがないじゃない。

…カンニングをばれないようにやる奴は昔からいた。いや、今もいる。当然見つかったら厳罰を受けることも承知の上だ。
例えば中高の定期試験レベルでも、見つかったら0点になるなどの「処分」を当然受ける。それは、真面目にカンニングをせずに実力で勝負している他の子のためもあるが、当然のことながら試験という秩序を守るためもある。「不正な手段を使わずに受験すること」で「たくさんの受験者を得点順に序列をつける」ことが大前提という「秩序」だ。
今回の場合、ヤフー!知恵袋という、ネットとはいえ公開の場でカンニングが露見した。バレちゃったわけだ、しかも全国規模で。

当然、学校側は露見した以上何らかの対応をしないわけにはいかない。
何もしない・つまり放置できるかというと、試験という「秩序」が崩壊する恐れがある。真剣勝負の受験生は怒るだろうし、世論も「カンニングを見逃すのか」と大騒ぎすることも想定される(もっともマスコミが殊更に大きく取り上げなければいいのだろうが)。秩序の崩壊などというと大げさに聞こえるかも知れないが、要するに、大学側が不正を把握したのに放置したとなると、真面目な学生が損をするわけで、いや、真面目な学生はそれでも真剣勝負するかも知れないが、あやふやなところにいる子らが不真面目方面へ雪崩を打って「じゃあ俺も私も」となる恐れもある。ダークサイドへ堕ちる後押しになる、というか。
では、「犯人」を特定し「厳罰」に処する…にも、携帯やネットを使われた以上、大学側だけでは不可能だ。
「犯人」の特定は大学がヤフーや携帯キャリアに問い合わせただけでは、個人情報の保護という観点から無理。出来るのは「被害」があり「事件」として官憲が捜査のために開示を要求した場合だろう。
なので、今回京大その他の大学は協議のうえ、恐らくは苦渋の決断で被害届を出した(と思いたい)。
で、被害届さえあれば事は簡単。何しろ事件ですから。警察は粛々と通信情報開示を求め、ヤフーと携帯キャリアがそれに応じれば、ピンポイントで「犯人」はすぐに特定される。(追記:任意なのでお断りしてもいいんだけど、多くの場合は「警察に協力」させられる)
ここまでは感情的にどうこうじゃなく、理屈で解る流れ。

さて世論はさまざま。学生批判は当然「カンニングは卑怯」「悪質だし被害が出ている以上犯罪だ」、また学生擁護の「たかがカンニングで騒ぐな」「学生にも将来はあるのにこれくらいのことで」から、大学批判の「自由自治が原則の大学が簡単に警察に頼るな」「大学側の無為無策を恥じろ」とか、「マスコミが過大報道し過ぎだ」などなど、さまざまな意見がある。
自分としては、それら全てにそれぞれ同意できる部分がある。たかがカンニングだし、されどカンニングだ。チンケだけどいけないことだ。悪い事です。それにハイテク時代(死語)だし韓国でも大騒ぎがあったんだから大学側も対策しとくべきだった=性善説すぎたのかも知らんし(それが良い悪いじゃなく現実問題として)、官憲が昨今どんどん「社会のグレーゾーン」を真っ黒く塗りつぶしていくように思えるし規制規制・白か黒かという社会も息苦しく、どうかとも思う。(追記:もっと言えば、ネット=匿名という幻想はないし、「事件」でも「事件性」でもいざとなればいくらでも個人情報なんか警察が握れるし、近年その範囲をガンガン拡げようとしているし)

で今回の被害者って誰かというと、実は入試の現場でカンニングが行われた、というかされちまったという事実が全国的に露呈し、その結果対応を好奇の目も含めワクテカしたたくさんの野次馬たちに注目され、「どうすんだよ」「おう早くしろよ」「カンニング放置すんの?」的な中、電話やメールでの「問い合わせ」「苦情」などへの対応に追われ、どうすべきか会議などで協議させられ、試験の監督状況を改めて聴取したり全解答からカンニング部分に類似するものがないか調べ直したり報道陣に対応したり…などなどに振り回された大学、という見方が「業務妨害」にあたるんだろう。確かにいらん被害ではある。
普段なら試験後は粛々と採点業務にあたり、発表に備えるところが、とんでもない騒動でてんやわんやしたわけだからそれが通常の業務を妨害したことになるっちゃ、なる。でも「入試」という業務を妨害したことにはならないと思う。入試の会場段階では誰もカンニングに気付かなかったから、入学試験そのものは妨害していない。でも、合否振り分け〜発表など広く「入試」を大学の業務と捉えれば明らかに妨害されているから、それを「被害」と言うことで、今回は犯人を特定すべく警察に依頼するしか、「犯人を特定」する手段がなかったわけだろう。
繰り返すが、犯人を特定しなかったらどうかというと、大学は「不正を見逃すのか」「カンニング学生が受かって、真面目な学生がその結果落ちた事実をどうする」と責め立てられるのは目に見えている。解っちゃったんだから放置は出来ない。
なので特定したい、でも特定するにはヤフーとドコモ(携帯キャリア)の情報開示が必要、でもそれが出来るのは被害があって動ける警察、とこういうわけ。

さて、ここからどうするか、ということ。
犯人はわかった。大学側は犯人が特定出来たのだから入学試験という秩序を守るために「厳罰」を与える。つまり犯人を不合格にする。カンニングをしたかしていないか特定できない科目ももちろん全て0点にするなり、どうでもいいけど、とにかく「犯人が不正をして得たかった結果」を剥奪する。これで罰としては十分。

その上で、届けてしまった以上その「被害」に対する補償なり弁済はどうするか。
この場合は大学側が犯人特定のために「被害」を届け出ることで、最大の目的=犯人の特定に至った。あとはそれによる秩序の維持=不正をした受験者の排除、そのことを正当な受験者に知らしめればいい。
で「被害」つまり先のいろいろとやらんでもいい事に忙殺されたことで、正常な業務を妨害されたということについては、改めて協議すればいいこと。ここで大学が「もうしちゃだめだよ」でもいいし、民事で余計な手間を被った分の損害を請求してもいいけど、まあ「苦渋の決断」で官憲に頼ったのだったら、ここは「もうするなよ」と厳重に説諭する、でいいだろう。
しつこいようだけど、もし、今回大学側が「苦渋の決断」で犯人の特定と処分のために「被害届け」を出した、とする。何で特定せにゃならんかと言うと、他の受験生に「不正の犯人はほれ、この通りちゃんと見つけて処分しますよ」と知らしめる・つまり「秩序の維持」のため。
なので、この時点で「被害届け」を取り下げてもいい。

あとは事後処理というか今後の対応として、例えば携帯の電波が入らなくなる装置はあるんだし、韓国みたいな金属探知機を使うとか色々あるだろうけど、とりあえず今回「判明したカンニングの手口」は二度と使えないように対策をしなくてはならない。
「秩序の維持」にはそれなりに手間暇・コストが必要だ。試験官だって学生がアルバイトでやってたりする。性善説とかどうこうじゃなく、解っちゃったんだから、防がなくちゃ。

そういうことで、今後も違う手口でカンニングをする奴は出て来るだろう。でも表に出ない、露見しなければ誰にも解らない。解らなければ対策も打てない。カンニングはバレた時点で失敗だ。成功した例は外に出ない。(たまに武勇伝でごく狭い範囲で語られることはあっても)
過度に「こんな手口があるかも」「いやこういう方法もあるぞ」と、それこそ性悪説で過剰防衛になると、もう果ては受験生全員を全裸で受けさせるとか、マンツーマンでやるしかないだろう。それでも抜け道を考える奴はいるだろうけど。

今だから言うけど、高校の時にどうしても暗記ものに割く時間がなくて(だって学園祭でバンドやるんでアレンジとか曲順とか色々あったんだもの)、カンニングしたことがあります。

消しゴムに書くとか小さい紙持ち込むとか、そういうレベルじゃ対応できないんすよね、何しろ難しいので有名な先生で。しかも怖い。ヤ●ザみたいな風貌だったし、実際普段もめっちゃ怖かった。
なのでやるからには絶対に見つかってはならない。まっとうに受けたら赤点確実だ。
そこで考えに考え抜いた(それを暗記に使えよ)方法は!

…当時の試験はわら半紙にガリ版刷りだったんすね。コピー機とか高かった時代だったし、ワープロも普及前だったし。
と、いうことはわら半紙をいくら眺めててもいいわけで。
で、世界史とか日本史なんかの暗記ものってやたら問題用紙が多いんですよ。2枚3枚と。
あとは解るな…?
というわけで、わら半紙に試験前にびっちり細かく試験範囲の年号やら人名やら何やらを書くわけ。それを「机の中は空で」というのに机の下んとこに置いておく。紙ペラ一枚なんで後ろから見られてもバレません。
それを試験開始と同時に取り出して、あとは問題用紙を見てるフリして、堂々と「カンペ」を見ながら解答欄を埋めていくわけです。ええ、さも思い出してるような風情をしたり、眉間に皺寄せて。わら半紙=カンペを難しい顔して見てても、先生には問題用紙を眺めてるようにしか見えないわけですね。途中教室内を見回るんすが、先生がこちらの後ろから近付いてくる気配がしたら、枚数が一枚多く見えないように注意しつつ、カンペは本物の問題用紙の裏に隠せば完璧。
もう30年近く前の話なのでカミングアウトしました。

N先生、ほんますんませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。