--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-16(Wed)

寒波

3月16日(水)

寒い朝。
今日は午後に雪になるという予報だったが、ここにきての寒波とは何という無情…と、どうしても被災地のことを考えてしまう。
今日は少し調子が悪い。こういう体調の上下は日によって違い、一日でも上下する。血液腫瘍とはつくづく厄介な病気だが、もう慣れた。つきあっていくしかない。出来れば出てっていただきたいが。

ネットを見ると、相変わらず色々な「情報」が飛び交っている。
先日の「節電」の広がりも、「関西では無意味」という人、また「関西でものを買い占めてる、阪神大震災で受けた恩を仇で返すのか」など、こんな非常時に東西でいらぬ対立を煽るような「発言」も見た。
そんな中、京都から震災「当日」に派遣された、200名近い消防隊・災害救助隊の第一陣が、交替のため帰還した。皆さん大変な作業だったと思うが、それでも「残念ながら一人の命も救えなかった」と苦渋の表情だった。
関西での節電は「自己満足」でも、ましてや「無意味」ではない。関電は「今後復興に向けて火力発電の需要も高まる」と言っている。つまり西日本での節電も間接的直接的に被災地を支援することにつながっていく、ということだ。最初からこっちはそう思ってるし、そう言ってきたし、やれる範囲で無理せず節電で協力している。
京都ローカルのニュースでは、市内のコンビニなどが一斉に看板や店内照明を落として節電に協力している、といっていた。俺もコンビニは昨日も京大内ローソン、熊野前ファミマ、自宅近くのセブンイレブンと見たが、買い占めなど起きてない。
スーパーでも買い占めのような異常な消費行動は見ていない。そりゃあ関西、西日本といっても広いから、全部確かめるわけにはいかないが、みんな心配しているよ。
なじみの宅配業者と世間話で聞いた。「うちでもティッシュやトイレットペーパーなどは品薄になってきましたね。でも、それらは関東や被災地に優先させるためなんですよ」と言っていた。
確かに関西でも買い占めをしている人がいるのかも知れないが、不届きな人、利己的な人はどこにでもいる。一部を見て全体を語ろうとしないで欲しい。人ごとだなどと思っているわけがない。飛び交う情報が多すぎるのは解るけど、ちょっと落ち着いてくれよ、と思う。

こんな非常時に落ち着いていられるか! というのは被災地で大変な思いをしている人たちで、安全なところにいる人が落ち着かなくて、誰が落ち着けるのかと。

京都は夕方になって、とうとうぼたん雪が降り始めた。積もる感じではなさそうだが、ぐっと冷えている。今日、明日を乗り切れば暖かくなるそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。