2011-03-18(Fri)

一週間…

3月18日(金)

震災から一週間。
まだ総括するには早すぎるし、現在進行で今も続く悲劇に、今はせめてこれ以上悪いことが起こらぬように祈るだけ。
自分はやらねばならない予定、作業を粛々とこなす。


阪神大震災から16年。あのとき、連れ合いに「起きて! 地震が、大変なことに!」と叩き起こされて「またそういうドッキリを…」と半分不機嫌ぎみにテレビを見ると…。

当時はインターネットなど知らないという人の方が圧倒的多数、PCの処理能力も通信環境も、何もかもが今とは比較にならぬほど遅かった。携帯でネットが出来る今のような時代はまさにSFという世界。
そのため、当時は流言飛語が飛び交い情報が行き渡らず、デマに人々が困惑し振り回された。
今はネットが爆発的に普及し、流言飛語が飛び交い情報過多で、デマに人々が振り回されているようにも見える。

これだけの高度情報化がなされた時代に、それを有効に活用して、さまざまな部分で役立っているのはもちろんだが、せっかくのツールに振り回されて目眩を起こしているような人もいる…。

被災していない自分はせめて落ち着いていよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる