--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-21(Mon)

知ってる恐怖・知らない恐怖

3月21日(月)

今日は雨。午前中はそれでもあまり寒くなく、日中になってもそのまま気温が変わらなかった感じ。

地震と津波の被災地の苦難は依然続いてはいる。ようやく「復興」という二文字に向かって前を向こうかという今、最大の懸念は原子炉。
原子炉、といっても今現在高熱を発している使用済み燃料棒を冷やすなど、放射性物質の飛散を防ぐという喫緊の課題から、避難された地域の方々の暮らし、産物の風評被害から電力不足、さらには将来的には原子力発電そのものの是非も含めて、問題や課題は山積している。

何というか、やるせなさ、相手が自然なのでぶつけようのない怒りや悔しさみたいなものが、ぶつけようのないままモヤモヤと日本人の中に充満していると思う。テレビでも被災地で家も家族も失った人が、「しょうがない」と言うのをよく聞いたが、大多数は自然災害に対してはそうやって感情を抑制している。もちろん被害に遭われた人はその抑圧の度合いは比較にならぬほど大きいけれども、一日じゅう各地から寄せられる悲惨な映像を延々と見せられ、次々と危機的な情報を聞かされ続けた国民は全員、程度の差はあれ抑圧状態にあると思う。

やり場のない、ぶつけようのない怒りを、ぶつけられる対象を捜してぶつける人もたくさんいる。
抑鬱的な感情を無理やり「野次馬」になることで、火事場の見物人のように躁へとアゲる人もいる。


夕方、ツイッターを何気なく眺めていたら、ある人が「地震を殴ってやりたい」と言っていた。同感だ。俺も「津波も一緒に殴っちまおう」という話になった。また別な人と「放射能も合わせて」とついつい盛りあがってしまった。まあ俺たちイイ年をしたオッサンがふざけているだけだったのだが、正直本当に、殴れるものなら殴ってやりたい。
「自然を相手に人間は不遜な態度をとり続けてきた、そのしっぺ返しが」…とか「天罰」だのいうのはとりあえず置いておき、いや、そういう事を考えることはとても重要だ、とっても大切です、解ってる。でもただ、このやりきれなさ、怒りに似た「感情」をぶつけたい。自然にはもちろんぶつけられない、だからこそ敢えてそう言っている。そこらへ闇雲にぶつけられては溜まったものじゃない。

夜、近県や都内の野菜や水から、基準値を超えた放射性物質が検出されたことで、関東でもかなりナーバスになっている人が多いと友人から聞いた。ジョギングをやめたという人がいるとか、花粉症でもないのにマスクを買いだめする人が出たとか。

放射線の「怖さ」というと、我々の祖父母から親の世代は原爆の被害、その下の世代や団塊は戦後の東西冷戦下の核実験競争による汚染〜第五福竜丸の被爆(1954年)など。その下から俺たちの世代はスリーマイル島(1979年)やチェルノブイリ(1986年)の事故などを見せられてきた。
自分の場合はチェルノブイリ事故、特に原子炉から赤い火が見えた不気味な映像は鮮明に覚えている。(あれからしばらく経って、ソ連政府が住民を待避させ死の街となったところへカメラが入った番組も見た。都市はともかく、待避地域となった中には農場や牧場も多く、そのまま逃げず、あるいは戻ってきてそのまま暮らしている老人もけっこう居た。普通に野菜を摂って暮らしていて、「もうトシだから、今さら何十年か後に癌になる可能性があると言われても関係ない」みたいなことを話していたように記憶している)

今、数値に一喜一憂している人も多い「放射線量」…よく言われるμSVだのmSVだの、実は数年前からけっこう耳にしていた。
もっと前は確か放射線量というと「グレイ(Gy)」を使っていたと記憶してるが、近年放射線の種類によっても人体への影響が異なることから、吸収線量Gyではなく実効線量SVが用いられる…らしい(前にググった)。
白血病を告知されてから、CTは数えてないがけっこうな回数、ガリウムシンチ(アイソトープ)は1回、PET-CTも1回、レントゲンはそれこそ数え切れないくらい経験している。否が応でも「被曝」という言葉について教わるし考えることになった。とはいえ先のSV=シーベルトにしても、うろ覚えで日常馴染みのない単位に依然違いはなかったが。
やれCT一回分がいくつとか言われても、/時なのか/年なのか区別が曖昧なまま、数字の大小で不安を煽られている人も多いようす。これまでこうした線量なんかほとんど考えたこともなかった…というのが多くの一般人の本音だと思う。病気の自分でさえシーベルトにはいまだになじめない。(気圧の単位がミリバールからヘクトパスカルになった後、数年続いた違和感に似てるかも知れない)

原子炉の事故現場で電源復旧のため、あるいはそれまで燃料棒を冷却するために最前線で働いている人は大変な状況下にあることは、ド素人でも解る。現場に行った東京消防庁のハイパーレスキュー隊で作業中の線量を測定していた隊長は、まさに数歩違えば死、という状況下だったそうだ。
こうした目に見えないものは怖い。レスキュー隊長も「我々は放射能の怖さを熟知している、だからこそ怖い」というようなことを話していた。
放射線について良く知らない人も、遠く離れたところで「怖い怖い」と言っている。いずれにしてもやっぱり怖い、のが正解だろう。怖いの意味が違うけれども。

ただ、今現在の自分が住む地域の状況を正確に把握せずに、パニックになるとか、避難地域の人たちを差別するなどは「行きすぎた恐怖」だという気がする。
これから原子炉の制御が失敗し、大量の放射性物質が撒き散らされる事態にならないという保証はないが、俺たちが見聞してきた過去の事故の報道、データを(正しく)開示して改めて説明してくれれば、ほとんどの人は今の時点で待避地域から離れている東京などでは、「今現在」危険はないと理解できるように思える。今まさに事故現場となっている福島第二原発の門の前と、東京都内とでは全く放射線量が違うことも解る。
こうした「情報」がないから怖い、と待避住民の方々は訴えているのをよく目にした。知ってるのも怖いし知らないのも怖いが、この場合は「知らされていない」から怖い。(中途半端に知っているという恐怖もまた別にあるかも知れないし)怖さにも色々ある。
「知らされていない」と思うと、「意図的に知らせていないのでは」と勘ぐる人が出る。放射線についてよく知っている人も、正しい情報がなければ対応のしようもない。被災地にはより一層、きめ細かな情報の伝達と説明が必要なのがよく解る。

遠く離れた都会で、今ある情報を最大限に獲得して精査し正しく現状を把握し、その上で待避行動をとることに、誰も文句は言わない。今は微量でも将来的な影響を考えて、あるいは今は安全でも今後事故処理がどうなるか不安、という人も当然いるだろうし、待避する人がいても仕方ないと思う。ただ、ここでもやはり「デマ」や科学的根拠の薄い「風評」を信じている人、またそれを拡散している人もまだまだ多いように思える。
「本当のことを知らされていない」「今もたらされている情報がデタラメだ」と疑心暗鬼になった人を納得させるには、現場へ連れて行き状況を見せ線量を計測させる以外にないのだろうか。それこそ命に関わると思うのだが、それならもうどうしようもない。
場所ごとに測定数値が公表され、研究者もモニタリングでき、それをさらに一般に公開されている、その上無償でグラフ化して解説まで加えて下さっている方(もちろん専門家)までおられるのに、疑い始めるとキリがない。

もちろんこのような情報を得られる人・得られない人が出るのは本来おかしな話ではある。「ネットでいくらでも見られる」といってもお年寄りは無理だし、被災地の人も避難場所でのテレビくらいという人も多いだろう。
そこで、今こそ日本のマスコミの真価が問われている…ということ…なんだな、きっと。
恐怖を煽るな、安易に楽観視もするな、客観的で正しい情報をきっちり取ってきて、大きな声で発表して欲しい。
そこから先の行動はもう個人が選択することで、九州まで逃げようが外国へ行こうが、とがめ立てする筋合いはない。皇居まわりのジョギングが怖けりゃ自主的に中断すりゃいいし、葉物野菜が怖けりゃ食べなくてもいい。人に強制したり、勧めたりしなければいいだけだろう。
何しろ人への影響には個体差もあるし、例えば放射線だけではなく我々の世代だと前にも書いたことがあるが、今は禁止されている化学物質をけっこう摂取してきているわけだ。
ちょっと思い出すだけで合成着色料や甘味料香料の類だけではなく、光化学スモッグや排気ガス、アスベストなど、今とは比較にならない量を摂取してきたはず。それらが複合して、さらに放射線が加わりどうなるのかなんて、誰にも解らない。被害が大きくなるまで、正確な情報が隠蔽されてきた問題だって多い。おい今さらそれはないだろう、と思うことがいくらでもあったはず。
つくづく、高度「情報」化社会だからこそ、情報の大切さを実感する。
悲惨さばかり流さなくても、逆に美談ばかり見つけてこなくても、早くも総括や責任者捜し、政権叩きよりも、正しい情報開示と状況説明を。それをなるべく多くの国民に大きいボリュームで流して欲しい。


それにしても、毎日「今日の放射線最大量」「どこそこはなになにマイクロシーベルト」「なになに市は正常範囲内でした」みたいな発表が天気予報のように流れるというのは、それだけで異常なことだ。
今後これが日常になるかどうかはともかく、これだけで「ええええらいこっちゃあああ!」となる人がいても何にも不思議はないな、と思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。