--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-01(Fri)

4月1日(金)

今日から4月。一年の4分の1が終わってしまった。
色々あったように思うけれど、やはり3.11の大震災とその後の原発危機に尽きる。
震災直後から、報道もネットもいささか「情報過多」気味であったが、さすがにここ数日は若干落ち着いてきたというか。
今日は20℃近くまで気温が上がり、桜のつぼみもぐっと膨らんできた。ただ開花は醍醐寺(五分咲き)、笠置山(開花)というあたりで、嵐山や府立植物園はまだつぼみということ。
震災で亡くなられた方やそのご家族、被災された方々を考え「今年の花見は自粛すべきだ」という意見もある。というより、何でもいいからとにかく自粛しろ、という感じである。「不謹慎」連呼もある。本当に不謹慎なこともあろのだろうが、何か自分が「不愉快」だと感じた気持ちを「不謹慎」と置き換え、怒りをぶつけているような人もいる。
日本中に広がる、自然の起こした災害という相手にぶつけようのない怒りとやるせなさを、何かに、誰かにぶつけることで軽減したいという人もいるのだろう。

ところで、一昨年の5月に亡くなった連れ合いは、何度か書いているように、桜が一番好きだった。彼女…やまだ紫の作品にも何度も登場している。
桜が好きな日本人は多い。冬をじっと耐えたあとに春の到来と共に一瞬だけ美しく咲き、あっさりと散る。その美しさと儚さに、人生や命を重ねて見る。そうした桜にうつす気持ち、四季の移ろいに重ねる気持ち、感性みたいなものは、やはり日本人の心の奥底にじっと積み重なっている。
その上で、大好きだった人を失った、その人が大好きだった桜、やはり特別な思いで見てしまうのは仕方ない。

夫婦で毎年必ず花見をした。
若い頃は友人たちと野外でワイワイやったこともある。でも基本的に、二人とも桜の花を見ること・文字通り「花見」が好きだったので、どちらかというと提灯だの下品な垂れ幕だのは不要だと思っていたし、花より酒だと言わんばかりの過剰なお祭り騒ぎも苦手な方だった。だから二人でただ、花を見に行ったことも多かった。
京都では、夜にライトアップされる名刹の桜も見事なものだったが、歩いてすぐそこにある?野川沿いの、街灯に照らされるだけの桜もじゅうぶん美しかった。静かに、暗い中、風にひらひらと枝を揺らし、花びらを落とす姿を、ただ黙ってじっと眺めたりしていた。

最後の花見は一昨年の春、あちこち出かけたけど、真っ昼間に?野川の川辺をゆっくり散歩したのがよく印象に残っている。
二人とも病気持ちになってしまったのに、そうして桜を見ながらゆっくりゆっくり歩くと、いつの間にかずいぶん長い距離を散歩していた。そうして桜を見送った後で、彼女は逝ってしまった。

去年の桜は、とても一人で眺めることなど出来なかった。
たぶん、二人で歩いた川辺を一人で歩くと、平静を保てないと思ったので、それこそ「自粛」した。
わざと目に入れないようにもしていた。買い物でたまに視界に入る桜をチラッと見るくらいで、桜からむしろ目を逸らしていたと思う。

今年は、彼女の写真を持って、好きだった純米酒「花の舞」桜ラベルの瓶とビールを持って、川へ行って来ようか。
とにかく、亡くなった人を悼み、偲び、今生かされている生を素直に喜び、咲いてくれる桜を愛でたい。自粛は、しない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。