--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-04-26(Tue)

シマ、容態悪し

4月26日(火)

夕べはシマと一緒に寝たが、夜中目を醒ますと隣のベッドの上に居た。その後また隣に来たので、朝までそうしていた。

夜中は一時間おきに何度も目が醒め、薄い眠りのままだった。今朝は9時半ころゆっくり起きる。階下で朝のことを済ませるが、シマはともかく足元で寝ていたユキまで降りて来ない。こちらが朝を食べ、数日さぼっていた床の拭き掃除も済ませた11時過ぎになって、ようやくユキが軽快に降りて来た。
床は猫がトイレを使って出て来るたび、ちょっとずつ汚れていく。こまめに拭かないと、足についた汚れを猫は舌で舐め取ることになる。体にいいわけがない。スプレー洗剤を散布してモップがけをし、その後から拭きをしていくだけの作業だが、力がいるのできつい。終わるとぐったり。合間にやはり神経性の下痢。
その後たびたびシマの様子を見に行くが、腹水と輸液のせいで体はでっぷりしているのに、目が落ちくぼみ、背をなでるとごつごつと背骨の感触がはっきり解る。
俺が上がって行くたびにじっとこちらを見る。病院へ行くのが嫌なのだろう。行っても正直、何も変わらないことも解っている。「延命」という行為だ。
今日はこちらの体調も悪く、午前中の病院は無理っぽい。シマに「行かないよ、今日は行かない」と言うと、乾いた口をぴちゃぴちゃと言わせて、目を閉じた。何かつぶやいているようにも見えたが、もちろん気のせいだろう。
お気に入りだったつづらの覆いを外したものを、蹲っているベッドの上に置いてやる。しばらくして見に行くと、ちゃんとそこに収まっていた。

夜になっても何度か見に行くが、様子は変わらない。指先に生エサを塗って鼻先へ持って行っても、ぴちゃぴちゃ言いながら頑なに顔をそむける。食べたくても食べられないという風情ではない、匂いを嗅ぎたくもないという様子だ。
水も同様。日中3ccというごく少量をピストンでぴゅっと入れたら、激しくむせた。水が飲めなくなったらどうなるかはよく、知っている。

これまでも、何度か猫たちを見送ってきた。
人間より寿命は短い生き物だから、普通は一緒に暮らせばこちらが看取ることになる。縁あって一緒に暮らし、時間を共にした大切な家族。たくさんの安らぎ、笑い、思い出をくれた。
自分の体を考えると、この二匹で最後なのは解っているし、ユキを看取ってやれない可能性も高いが、こっちが生きている以上、ちゃんと最後まで一緒に居てやろう。出来るだけのことをしよう。

明日、一縷の望みで病院へ連れて行こうか迷っている。
いったん病院に預けて腹水を抜いて貰えば、一時的に楽にはなるだろう。だからといってシマの状態を見ていると、ここから水が飲めるようになったり、食欲が回復するとは到底思えない。この状態から回復した猫を見たことがない。
仮にいったん楽になったとしても、そもそも根本的な原因が不明で何の治療も出来ていない。栄養補給は延命策、抗生剤は対処療法ですらない。だから、無駄に痛い思いをさせ、病院へ預けて不安な時間を過ごさせることにならないか。
明日病院に相談してみて、答えを出す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。