--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-30(Sat)

ミナミで串カツ&飲み

7月30日(土)

大阪に飲みに行く。
漫画、というかエロバカ劇画レビューサイトの「なめくじ長屋奇考録」を運営している劇画狼=げきがウるふこと、げウさんに京都まで来てもらったのが、一年前の6月。ちょうどまさかのカリニ肺炎にかかっていた頃で、細かい咳をしたのを憶えている。まさかその後2ヶ月入院、手術など思いもしなかった。
でもって「次はこっちが大阪行きますわ〜」なんつって一年。「そろそろまた飲みましょうや」という話をしていて、季節も良くなったので出かけることにしたわけ。「今度ぜひ」とか言って社交辞令に終わる事の多いこの業界、そういうのは実は嫌いである。飲もうや、と言ったら飲もう。会おう、と言ったら会おうよ本当に。
行きつけなのでぜひそこへ、と言われていたミナミのバー・プカプカで飲む前に、げウ氏と待ち合わせて串カツでも食ってから行きましょう、という段取り。こちらは大阪は何度も行ってるとはいえ、最後に行ったのは3年以上前。土地勘も狂うほど、その間に大阪は激変した。
ところでスマフォに機種変更したのはいいが、ガラパゴスSH003という「一昔前」の機種のせいか使って慣れていくうちに、とんでもなく使いづらい事に気付く。ていうかフリーズしすぎ。ていうかバッテリー持たなすぎ。
満充電して、うちから叡電、出町〜淀屋橋〜なんばと、ほぼただ音楽聴いて二、三度ツイートしたくらいで、なんばに着いて地上に出たらフリーズ。
スマフォでフリーズしたら正直お手上げ。何しろ電源オフにしようにも、長押ししたらメニューが出る。その中にある「電源OFF」をタップしてもフリーズして無反応。待ち合わせの5時より数分前に余裕で着いた、俺って段取り君だな、と思ってたらこのざま。高島屋前というアバウトな感じで、後は携帯で…なんて言ってたら携帯がフリーズとは話にならん。
とりあえず地上に出ようと、丸井から地上に出て高島屋の向かいに出ると雨がぽつぽつ。ふざけんなよ、と思いつつ小走りに屋根の張り出している地下通路の出口まで行き、スマフォをタップしたり電源ボタン長押ししたりあせってると、何かのはずみで(これまたふざけんな、という感じ)電源が切れた。これ幸いと再起動し、げウさんの携帯に電話。
幸いこちらのいる反対側にいて、横断歩道を渡るとすぐに落ち合えた。いやはや何だこのスマフォ。

レバ刺しさっそく、まずは串カツでも…というので案内された店へ。
正直、めっちゃうまかった。
二人とも生ビールを水のようにがぶがぶ飲み、串カツはほどほどに、あとゴマとネギ塩味のレバ刺しを食べたが、初めての味わい。にんにく醤油やごま油で食べることはあったがこれは珍しい。そして本当にうまかった。
これはげウさんも「こんな時期だから無いかと思った」ということで、思わず写真を撮るほど。安くて美味しい店でわいわい飲んで食って話してたらアッという間に7時半、良い時間なので、歩いてバー・プカプカへ移動。
その前にげウさんが「ちょっと一緒に寄りたいところがあるんで付き合ってもらえますか」ということで、何とまんだらけへ一緒に入った。

80年代のエロ劇画の単行本のオススメを聞かれていくつか答え、さらに以前話したことのある、「ガロ」時代に表4広告の色校正で正しくは「作・画 根本敬」というのを「作・面」に誤植されていたのを、俺が校正ミスで掲載されてしまった号を発見した。げウ氏にそれを言うと、「それは貴重」と買われてしまった。何か恥ずかしい。
でもあの当時の「ガロ」はもう手元に一冊もない。60年代から羽良多平吉さんデザインの背表紙のあたりもズラリと揃っていて、懐かしかった。

そんなこんなでプカプカのある雑居ビルへ雑踏の中、歩く。
道々、行き交う人たちは土曜の夜のせいか華やでいて、賑やか。こういう雰囲気は久しぶりだ。
プカプカ、本当は8時くらいから開店なのに、今日はマスターの「エロ漫賀道雄」氏(もちろん本名に非ず)が特別に早く開けてくれたそうで申し訳ない。雰囲気は昔よく行った、新宿歌舞伎町の雑居ビルのような感じで、ゴールデン街とか彷彿させるたたずまい。30分好きな曲をかけていいということでScorpionsをSDカードに入れてったら、カードリーダーを忘れたというエロ満賀氏にフハッとしつつ、常連さんも交えて音楽や馬鹿話で久しぶりに楽しく飲んだ。

時間を忘れるくらい楽しく飲んで、気が付いたら9時半過ぎ。「じゃあちょっと最後のシメに泡盛飲みに行きましょう」というので、さんざんビールがぶがぶ飲んだ後なのに隣の店に移動。沖縄出身のマスターがやっていて、島ぶどうや島にんにくを肴に泡盛をロックで飲む。これもなかなかうまかった。

と、いうわけで久々にワイワイガヤガヤやいのやいのと賑やかに飲んで、10時過ぎに御堂筋の路上で「駅まで送っていきますよ」というげウ氏を制して別れた。「前回ご馳走になったので」ということで今日はほぼ、げウさんの奢り。いやーご馳走様でした。

地下鉄御堂筋線で淀屋橋、始発で京都・出町柳行きの特急に乗り、スマフォで音楽聴こうと思ったらバッテリー切れ。あれ、こういうこともあろうかとわざわざアダプター持ってってプカプカで飲んでる間わざわざ充電して貰っていたはずなのに、電源すら入らない。
モノを作るんなら真面目にやってくれよSHARPさん…ええ、シャープさん?(でも旧式モデルを買った自分がマヌケなのか、でも旧式も出た時は新型で…ブツブツ)
結局音楽も聴けずただ黙って座り、時々ウトウトっとしつつ出町に着いた。叡電に乗り換えて一乗寺まで行って、少しだけコンビニで買い物をして無事帰宅。

京都は日中雨が上がった後、すさまじい暑さだったが、夜になったらちょうどいい感じで涼しい風が吹いていた。
低気圧の多い冬はきついことも多いが、季節も良くなって、たまには賑やかな都会に出てワイワイ飲むのも楽しかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こちらこそ

早く開けてもらってすんませんでした!
行く前に二人で生ビールバカみたいに飲んでたので、色々失礼をしたかも知れませんが、全部劇画バカのせいなのでご容赦下さい。(おごってもらってそれはないだろう)
居心地がよくて寝てしまう奴が居るのもよく解ります。
また寄らせてください。ではでは!

Unknown

ご来店ありがとうございました!
正直少し緊張してお迎えしたんですが気さくにお話して下さって嬉しかった&楽しかったです。
SDカードの件は平に平に陳謝する次第です!
すみませんでした!

因みにあの後眠りこけた劇画狼と閉店までの時間を共にしました。

よろしければまたお立ち寄りください。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。