--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-30(Mon)

しんばり棒

2012年01月30日(月)

ビンボ暇なし、貧すれば鈍す。色々と細かいことに手が着かず、頭が回らなくなる。これが常態化すると怖い。
健康体なら気分転換に真冬の八瀬にでもでかけようというものだが、この体では風邪をひく、さらには悪化して肺炎、最悪インフルエンザなども怖い。つくづく因果なことよ。

ところで毎晩人が寝ると解っているのにリビング横の旧仕事部屋に入り、プリンタ台やら本棚やらで「ミニ台風」を起こして部屋の中をメチャクチャにしていたユキ。
これまで耳が聞こえないから叱っても平気の平左だし、しょうがないやと諦めていた。
朝、散乱したものを片付け、夜になるとユキがまたそれらを蹴散らしてしまう、賽の河原かっつーの。
このマンションは賃貸なので、ドアに鍵をつけるタイプのものはつけられないし、その他のものを一度ホームセンターで捜したことがあったが、赤ん坊が開けるのを防ぐ程度のものしかなかった。あとは日常サッと開けられて、でも猫には無理というものはちょっと見つからなくて、結局賽の河原状態。
まあそうも言ってられず、本当にホトホト困るのでハッと思い立ち、寝室の本棚の耐震対策にと導入した「突っ張り棒」を2本外して、一本は足元に内側の扉、もう一本は部屋を出たリビング側つまり仕事部屋の外に踏ん張らせてみた。
普通なら垂直に、本棚の天井と部屋の天井の間で踏ん張っているものだが、妙なところで横になって踏ん張っている。
人間ならサッとナナメにすれば開けられるが、猫には絶対に無理。
果たせるかな、これを導入した晩は夜泣きをせず、しばらくすると普通に寝室に上がってきた。
何だったんだ?
やはり誰かを捜していたのだろうか?

とまれ、導入した晩から普通に布団の中に入って大人しく寝るようになったのは良かったが、今までさんざん夜泣き&ミニ台風で悩まされてきたのは何だったのか…と…いうか俺が阿呆だったのか…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ネコちゃん

はじめまして。ブログ読ませて頂いてます。
ネコちゃん台風大変ですね。私もネコを飼っていましたが、自己中でわがまま。ああしてニャー、こうしてニャー、でした。なので、こっちへ来てということかも。。。かまって欲しいのかもですね。

夜泣き

目からの情報が頼りなので、視界からこちらが消える=啼きながら捜し回る、やりきれないので尻尾くわえてくるくるミニ台風…
という流れだと思ってたんですが、連れの死後、こちらが寝室へ上がったのをついてきて確認しても、再度下に降りては鳴いて徘徊、くるくるを続けていたのは何だったんでしょう。
それと、こんなに対策が簡単だったのにやらなかった自分は何だったんでしょう…

ユキちゃん

ユキちゃんの行動、なんとも説明のしようがないですね。
なんであんなにミニ台風をしてたのでしょう?
それにしても、こんなシンプルなアイデアで解決してしまうなんて、ちょっと腑抜けな感じですね。
でも、ぐっすり眠れるのは嬉しいかも。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。